例のハナシ その1

 

これから時々、例のハナシ

もとい大学一年にやめたあのサークルのハナシを時系列ぐちゃぐちゃで気の向く時に書こうかななんて、

 

あ、バンドサークル方じゃないよ

そっち続けてたら続けてたで今の僕はないとも思うけど

 

 

自慢、というわけでもありませんが、就活中一個絶対に貫くと決めていたことがあって、

就活ビジネスにできるだけ頼りたくないなぁって

まあもちろんリクナビとかマイナビ経由で面接申し込んだから完璧にゼロにするなんて元来できないわけで

どこと接したくなかったかっていうと、面接対策とか自己分析アドバイスとかそういうの

あれに乗っかりたくなかった

人によって向き不向きはあると思うし、そういったものを批判しているわけではなくて

僕って人に流されやすいし影響されやすいから絶対変なイメージ凝り固まると思ったんだよね。

 

で例のサークル入った理由に繋がるんだけど

僕がそのサークル入ったのって完全に就職意識なんだよね。

大学一年の僕にも断片的な就活の情報というのは流れてきていて

やれ学歴フィルターとか、やれインターンやってないと死ぬだとか、やれバイトリーダーだらけとか

それをすごい気にしてしまった僕は(まあ公務員志望だったってのもあったんだけど)

実態のない不安?というかなんというか

軽音やってるのってマイナスになるのかなとか運動部じゃないから根性なく思われる?とか色々考えてしまって、

で、別にやりたいってわけじゃないけどボランティアやろうと思って

「(大学名) ボランティア」でTwitter検索

めでたく例のサークルにたどり着いたわけ

 

所詮そんな感情でボランティア始めたやつなんて薄っぺらいんだよね

もう六月にはグロッキー(金銭面もきつかったけど)

先輩に説得されて残ったけどやっぱ続かなくてって感じのオチ

 

しょうもない13ヶ月、けど基礎的なスキルと反面教師的な学びは多かったかもね

 

 

今まで表向きのことはネタにして自虐して断片的に話してたし、所詮言い訳にしか思われないと思って誰にも話してなかった話

ぼくんちは仕送り少なめかつ奨学金無しという貧乏家計でしたが

そこにサークルの合宿という名の出費が3ヶ月に一回ほどのペースでやってきてたのです。

で例のサークルは活動日が外せないのが週三日プラス行事前は土日も仕事

で一年生だったのでサークルもぎっしり

 

何が言いたいかっていうと働く時間ないのにお金は稼がなくちゃいけない状況が無限に続くんだよね

生き地獄っていうかなんていうか

 

メンタルも体もやられちゃってさ

その頃バイト三個もバックれてやめちゃったんだ

わざわざ紹介してくれた友達もいたのに本当にごめん。

これについてはただの言い訳だとも思ってるし、謝るしかできないんだけど、

こういう事情もあったんだなってちょっとだけ察してもらえたらなって

 

そのあとは空き時間で日雇い行ったり

キャベツの芯をくり抜く機械にキャベツをセットする仕事とかほんと病むかと思った

でも普通のところだとまたばっくれちゃうかもだし

そもそも人間不信になってて人間関係作るのが嫌になってたし

でも合宿費先輩に立て替えてもらったりでもうぐちゃぐちゃ

 

でもやめれないんだよねサークル

 

誰にも相談できないし

てかその頃は一番接点あるのがサークルの人だったし

 

そもそも存在価値がなくなる気がしてさ

 

おかげさまで一年後期に8単位落として、

春休みは頑張って仕事してたけど空回りしてさ

しかもやってる仕事は新歓

自分がやめたいサークルに人誘ってんの

マジウケんね

 

そのあといつだっけ

ドアノブにベルト巻いてずりずり腰下げてしまってく首の痛みに快楽覚え始めたあたりでやっとやめる発想出たよね

めでたしめでたし

 

と以上鬱告白日記でした。

 

だからなんか就活ビジネス乗りたくなかったねってハナシ

終わり

またね

 

 

あとがき

色々書いてて思ったけど結論はお金ないのがスタートラインだし、お金って怖いなぁって思いました笑