考えないって難しい、「パーフェクトレボリューション」感想【バレなし】

 

9月15日に渋谷にて行われた

映画「パーフェクトレボリューション」公開記念イベント

UDCast本編上映試写会&〜まぼろしの《セックスバリアフリー対談》ふたたび!

というイベントに参加してきました! この記事では映画の感想とイベントの感想についてまぜこぜで書きたいと思います。

 

f:id:aoikebibouroku:20170917134930p:plain

 

 

ただリリーフランキー目当てで行ってもいいですか

きっかけは友人TのFBでの投稿。

Tはこの映画の企画・原作者の熊篠慶彦氏と知人であり、その流れからのイベント紹介でした。

また彼女は自身の学業の中でこの映画と関連性のあるテーマを取り扱っており、まさにこの映画を見るべきのような人でしょう。

 

一方の僕。

ただリリーフランキーが好き。

だってリリーフランキーずるくない?あんなサブカルイケオジ。

俺一回リリーフランキー経由してから死にたいもん。

しかもめっちゃいいこと言うのあの人。まあ高田純次レベルの適当さなんだろうけど。むしろそこがかっこいいんだけど。高田純次も好きなんだけど。

 

リリーフランキーの名言で二つ今心の中でしっかり常に持っている言葉があって

どんな仕事でも「得意です!」と答えて、受けてから勉強するようにしていました。

ってのと

例えばイラストレーターになりたいのなら勝手に名乗ればいい、

最後に「でも売れてないんですけどね」って付け加えればいいんですよ

 

マチュアとも呼べないレベルのくせに、一時期プロの作品とどうしても比べてしまって自己嫌悪祭りになってた時にこの言葉と出会って、仕事するのが大好きになった。

もちろん責任を持ってある程度以上のクオリティを出すのは必要なことだけど、残り3割くらいは勉強中だしプロでもない奴がやってるんだから大目に見てくれやって挑戦できるようになったから。

だから今書いてるこの記事も、ライターとして書いてるよ。でも売れてないんですけどね笑

 

 

この映画、どんな映画なんですか?

試写会当選が決まったあと、知人に「今度リリーフランキー出る映画の試写会行けることになってさ」みたいなノリで自慢しました。

そうすると当然「どんな映画ですかー」って聞かれるんだよね。

 

予告編見てたからただ障害者取り扱った感動ポルノの重い映画じゃないってわかってたけど、どう説明していいかわからなくて

障害者テーマにしたやつみたい、よくわからんけど」みたいな感じに逃げたっけ

 

今なら端的にまとめられる気がする

体がヤベーやつと頭がヤベーやつのラブストーリー」だよって

 

映画見てない人からは色々言われそうだけどマジでこんな感じ

主人公が脳性麻痺で体動かなくてずっと電動車椅子乗りっぱなしの身体障害者

ヒロインが精神障害持ってる風俗嬢

ただこれだけ

 

これがもし「世界の中心で愛を叫ぶ」だったら、ヒロインが白血病で、それゆえのストーリー展開になったと同じように、

障害者と精神障害のやつが出会って、それゆえに世間や親戚は反対するし、感動ポルノを作りたいテレビ局は彼らの彼らにとっての普通の恋愛を奇怪な目で見るし、最終的には理解のあった人たちにすら引き離される。

 

障害を乗り越える!とかそういうストーリーじゃないのよまったく

 

考えないって難しい

障害者を見た時にそれなりに偽善心の育った一般的な大人なら「あ、なんか手伝った方がいいかな」が最初に浮かぶ感情だと思うんだよね。

でもなんかそれって違う気がしてきてさ、

というかそれを違うとか正しいとか考えることすら違う気がしてきた

 

リリーフランキーと熊篠さんはリアルで友人らしいからその辺マジで考えてないってのがすごく伝わってくる。

熊篠さんは脳性麻痺やから手が曲がってる状態が基本で

リリーもそれをなるべくコピーして役を作ってたけど、実物見たら自分のやってるよりもっと曲がってて、やっぱプロは違うなって思って、、とか言ってるレベル

 

言うなれば身体障害者を体が曲がってるプロって言っちゃってるわけじゃんこれ

さらっとやってたけどすごいなこれって(きっとこれがすごいって思うこともよくないんだろうね)

もちろん前述したように関係性もあると思うよ?

でも俺障害者の友人いてもこううまく、お前毛深いから無理やろ、とか、お前早漏じゃんレベルのいじりに昇華することはとてもじゃないけどできる気がしない

 

24時間テレビを叩くだけの頃に戻りたい

不定期連続ドラマ「障害者と僕」は新たなフェーズに進みました。

パニックフェーズです。

この先に進むにはきっと実際障害者の友人でもできない限り進めないんだろうな。

 

そんな感じで今回はおしまい

 

 

最後に

映画の公式ホームページはこちら

僕の知人向けに上映館をお知らせしとくと

千葉住みの方はT・ジョイ蘇我がベストだと思います。

あとは流山のTOHOシネマズ

栃木は佐野でしかやってないみたいね

 

参加したイベントのナタリーさんの記事はこちら

僕の記事より映画の内容とかイベントの感じとかよくわかると思うよ

 

9/29より全国ロードショーです。

よかったらぜひ

 

 

今日の執筆のお供

 

 

RE:TOWA TEI

RE:TOWA TEI