自分探しにインド辺りに行く奴はクソ


映画「モテキ」を数年ぶりに見返しました。

きっかけは次回更新に関係するので割愛。

f:id:aoikebibouroku:20170915161859j:plain

見た感想としては、昔より自分、劇中歌がわかるし、その辺のなんか諸々の知識が気づかないうちについてしまった気がする


要するにサブカルオタクになってしまったのだろう。

あ、にわかめのやつね。



モテキの劇中歌は俗に言う「エモい」ものが多い。

羅列すると、

perfumeとか、在日ファンクとか、岡村靖幸とか、星野源とか、N'夙川boysとか、ももクロとか、フジファブとか、女王蜂とか


最初数年前に見たときは

「あ、perfume出てる!」みたいな感想だったし、

夙川とか女王蜂とかコレきっかけで知ったし


むしろモテキが好きだったから久保ミツロウを好きになって、くぼみねヒャダこじらせナイト見るようになって、そのおかげで世代の違う岡村靖幸という素晴らしいシンガーに出会えた。



18歳だか、その前だかに初めて見たときはハーレム映画くらいにしか思ってなかったよね、たしか


22になって、この約4年間優柔不断にふわふわ生きてきて、なんか昔より沁みるものがある。


これがセカンド童貞ってやつだろうか?



今これを電車に乗りながら書いてて、

向かいの席にはカップルが手繋ぎながら眠ってる。

横の席ではカップルが一つのスマホの画面を一緒に見ながら笑ってる。

あ、今古河で降りたけど。


別に普段は気になんないんだけど、この映画を見た後くらいちょっと辛くてもいいよね。



タイトルに戻ると

自分探しにインド辺りに行く奴はクソ

って思ってる。

俺は自分探したくなったら、多分また「モテキ」見ると思う。


なぜならインド辺りに自分探しに行くクソ大学生より、よりクソな男だから。

多分俺にとっての自分って、劇中の長澤まさみの谷間の深さ4cmくらいのところに落ちてる。

多分。



クソ駄文にお付き合いくださりありがとうございました。



今日の執筆のお供

友達にもどろう

友達にもどろう