うちの学祭ライブ実行委員営業努力が足りてない説

 

学園祭シーズンですね。

 

私の通う宇都宮大学でも11/18、11/19に峰ヶ丘祭が開催されます。

 

学園祭の楽しみ方って色々あると思うんですよ。

例えば屋台とか、学生の展示とか発表とか、

その中の一つに学園祭ライブがあるじゃないですか

今年うちにはBRADIOってバンドが来るんですけど

f:id:aoikebibouroku:20171106095745j:plain

 

その学園祭ライブについて今回僕が持ってきた説がこちらです。

 

 

うちの学祭ライブ実行委員営業努力が足りてない説〜!!(CV:浜田雅功)

 

 

検証へ

今回検証に使うのは

宇都宮大学学園祭ライブ2017 (@melosta17) | Twitter

と比較対象として筑波大学にて学祭ライブの企画を行った

TMP(つくばミュージックプロジェクト) (@Tsukuba_Music_P) | Twitter

を見ていくものとする。

 

まずは宇都宮大学のアカウントを見ていこう。

 

botかよ

 

ツイートはだいたいこれ

あとは販売終了時間のお知らせとか、時々おすすめ曲と称してyoutubeのリンク流してるくらい。

ラジオ出演での告知もしたみたいだけどまあその程度かなぁ

 

てか書くことほんとねぇなこのアカウント

 

で、毎年毎年「チケットあんま売れてないらしいよ」

「あんまり有名なバンドじゃないしねぇ」みたいな話を聞く

アーティストのせいにするなよなマジ

 

無料ってなんだよ

 

無料ってすごくない??

しかも2バンド

どうやってお金捻出してるかというと学祭でプルコギ丼売ってその売り上げで呼んでるらしい

打ち上げウェーイで売り上げ使わないなんてマジ尊敬するわ

 

プルコギ丼買ってもらうためにもちゃんと学祭に人を呼ばなくちゃいけないわけで、

そのために色々やってるのでご紹介

 

まずこれ

tsukuba-music-project.com

バンド紹介記事

俺の100倍上手

シンプルで読みやすいけど経歴わかるしめっちゃ興味わく

 

あ、俺のMONO NO AWARE紹介記事もよければ

aoikebibouroku.hatenablog.com

 

次はこれ

 

ツタヤとコラボ

一つのライブに地域連携やれるのも学祭ライブならではだろうか

 

 

最後に

これおすすめ!で終わらず短くまとめてきた

一曲3分とか聞くのは、、、ってなっても45秒ならすぐ手が伸びる

 

長い説明一切なし、「すごいぞ、」でわからせていくハイセンス

ちゃんと公式に許可取らないと作らせてもらえないだろうし、色々動いてるなぁ〜って

 

 

あとさっきはアーティストアーティストのせいにするなって言ったけど

呼ぶバンドでも差が出てるかなーとは思う

 

ライブ行くとわかるけどBRADIOってちょっと年齢層高めなんだよね。

去年のNICOも世代的には今の大学生より一回り上かなって

 

一方の筑波大学

リーガルリリーなんて若手注目株の大本命

MONO NO AWAREもぐいぐいきてる

 

去年も忘れらんねぇよだったかな、いいチョイスだよね

 

 

 

 

まあそんな感じでちょっとは参考にして営業努力してほしいなって

じゃないとアーティストがかわいそうかな

 

 

終わり

 

 

お知らせ

宇都宮大学峰ヶ丘祭のステージのサポートを行う予定です。

内容は宇都宮大学公式ゆるキャラの宇ー太のステージ

日にちは11/18(土)で時間は改めてお知らせします。

遊びに来てね〜

 

 

本日の執筆のお供

 

INTELLIGENCE(初回限定盤)

INTELLIGENCE(初回限定盤)

 

 ※夜ダンは千葉大でライブしてました

例のハナシ その1

 

これから時々、例のハナシ

もとい大学一年にやめたあのサークルのハナシを時系列ぐちゃぐちゃで気の向く時に書こうかななんて、

 

あ、バンドサークル方じゃないよ

そっち続けてたら続けてたで今の僕はないとも思うけど

 

 

自慢、というわけでもありませんが、就活中一個絶対に貫くと決めていたことがあって、

就活ビジネスにできるだけ頼りたくないなぁって

まあもちろんリクナビとかマイナビ経由で面接申し込んだから完璧にゼロにするなんて元来できないわけで

どこと接したくなかったかっていうと、面接対策とか自己分析アドバイスとかそういうの

あれに乗っかりたくなかった

人によって向き不向きはあると思うし、そういったものを批判しているわけではなくて

僕って人に流されやすいし影響されやすいから絶対変なイメージ凝り固まると思ったんだよね。

 

で例のサークル入った理由に繋がるんだけど

僕がそのサークル入ったのって完全に就職意識なんだよね。

大学一年の僕にも断片的な就活の情報というのは流れてきていて

やれ学歴フィルターとか、やれインターンやってないと死ぬだとか、やれバイトリーダーだらけとか

それをすごい気にしてしまった僕は(まあ公務員志望だったってのもあったんだけど)

実態のない不安?というかなんというか

軽音やってるのってマイナスになるのかなとか運動部じゃないから根性なく思われる?とか色々考えてしまって、

で、別にやりたいってわけじゃないけどボランティアやろうと思って

「(大学名) ボランティア」でTwitter検索

めでたく例のサークルにたどり着いたわけ

 

所詮そんな感情でボランティア始めたやつなんて薄っぺらいんだよね

もう六月にはグロッキー(金銭面もきつかったけど)

先輩に説得されて残ったけどやっぱ続かなくてって感じのオチ

 

しょうもない13ヶ月、けど基礎的なスキルと反面教師的な学びは多かったかもね

 

 

今まで表向きのことはネタにして自虐して断片的に話してたし、所詮言い訳にしか思われないと思って誰にも話してなかった話

ぼくんちは仕送り少なめかつ奨学金無しという貧乏家計でしたが

そこにサークルの合宿という名の出費が3ヶ月に一回ほどのペースでやってきてたのです。

で例のサークルは活動日が外せないのが週三日プラス行事前は土日も仕事

で一年生だったのでサークルもぎっしり

 

何が言いたいかっていうと働く時間ないのにお金は稼がなくちゃいけない状況が無限に続くんだよね

生き地獄っていうかなんていうか

 

メンタルも体もやられちゃってさ

その頃バイト三個もバックれてやめちゃったんだ

わざわざ紹介してくれた友達もいたのに本当にごめん。

これについてはただの言い訳だとも思ってるし、謝るしかできないんだけど、

こういう事情もあったんだなってちょっとだけ察してもらえたらなって

 

そのあとは空き時間で日雇い行ったり

キャベツの芯をくり抜く機械にキャベツをセットする仕事とかほんと病むかと思った

でも普通のところだとまたばっくれちゃうかもだし

そもそも人間不信になってて人間関係作るのが嫌になってたし

でも合宿費先輩に立て替えてもらったりでもうぐちゃぐちゃ

 

でもやめれないんだよねサークル

 

誰にも相談できないし

てかその頃は一番接点あるのがサークルの人だったし

 

そもそも存在価値がなくなる気がしてさ

 

おかげさまで一年後期に8単位落として、

春休みは頑張って仕事してたけど空回りしてさ

しかもやってる仕事は新歓

自分がやめたいサークルに人誘ってんの

マジウケんね

 

そのあといつだっけ

ドアノブにベルト巻いてずりずり腰下げてしまってく首の痛みに快楽覚え始めたあたりでやっとやめる発想出たよね

めでたしめでたし

 

と以上鬱告白日記でした。

 

だからなんか就活ビジネス乗りたくなかったねってハナシ

終わり

またね

 

 

あとがき

色々書いてて思ったけど結論はお金ないのがスタートラインだし、お金って怖いなぁって思いました笑

 

 

 

○○界の「なんちゃらラスベガス」

f:id:aoikebibouroku:20171026083816j:plain

 

のちにピコリーモと呼ばれる楽曲を武器に、カイジハンターハンターと大物アニメのタイアップを勝ち取り、今や一定の市民権を得たバンド、Fear, and Loathing in Las Vegas

 

しかし、深いファンでもない限り、彼らのバンド名は長すぎた。

そして後半部分だけは覚えやすすぎた。

ゆえに彼らはこう呼ばれることとなる、「なんちゃらラスベガス」と

 

戦略的自虐

www.youtube.com

そんな話をしてたのが2011年から2013年くらい。

その後ちょっと世間が忘れたあたりで上にあげたLet Me Hear.

これまた「寄生獣」とのタイアップで世間の注目を大きく集めた。

 

そして世間がまた彼らを少し忘れてきた今、満を辞しての二年ぶりのアルバムリリース。

気づけば開き直ってた。

聞いてもらえれば名前なんてどうだっていい」と。

 

最初からそのスタンスだったかどうかは知らないが、この「なんちゃらラスベガス」を用いた宣伝戦略、めちゃくちゃ強いと感じてる。

もともとのロゴもかっこいいんだけど、注目しないとLasVegasとすら読みにくいのはバンド名として致命的だ。

 

ここで「なんちゃらラスベガス

めっちゃ気になる。

めっちゃ目を引く。

逆に覚えづらいって強くない?のレベル。

 

踊るかチルるか

なぜ彼らがこんな自虐的な広告戦略に打って出たか?

もちろんインパクト欲しさゆえではあると思うが、名前覚えていないからとか、2年ぶりのアルバムだからとかそういう話ではないと思う。

僕が思うには「ピコリーモが市民権を得た」から。

 

Fear, and Loathing in Las Vegasがデビューした2010年代の邦楽シーンはというと、9mmや時雨が時代の潮流だった。

9mm時雨はその前の世代と比べると、なんとなく技巧派で当時では斬新な楽曲構成というか。

歌詞を聞かせるための音楽というより、楽器の一つとして声を使って楽曲を彩るようになったんじゃないかなって。

その流れに現れたFear, and Loathing in Las Vegas

 同じく技巧派で斬新なジャンルだったが、前述した2バンドと彼らが違った点はより踊れるという点にあったと思う。

 

そしてその後KANA-BOONとかから四つ打ちブームがくると同時に、世間にフェス文化が浸透。

で、今Suchmosみたいなシティポップ系がきて、みたいな流れになると思うんだけど詳しくは割愛。

 

で何が言いたいかというと、ピコリーモは今や市民権を得て、Fear, and Loathing in Las Vegasだけのものではなくなったということ。

かつては「ベガスのパクリ」と呼ばれるようなバンドも今や一つのジャンルとして確立しているわけだ。

そんな彼らに、真正面から立ち向かうためにも話題作りの広告は必要。

ゆえになんちゃらラスベガス広告が誕生したのである。

 

ここから本題です。

そんな市民権を得たピコリーモ。

それを原点とする音楽が溢れかえる今、僕のお勧めするアーティストを、「○○界のなんちゃらラスベガス」として紹介します。

 

あ、ベガス気になったなら安定の地下室タイムズの記事が面白いよ

basement-times.com

 

ポップ界のなんちゃらラスベガス、魔法少女になり隊

f:id:aoikebibouroku:20171026092908j:plain

 

ツイッターでは度々名前を挙げている、魔法少女になり隊をご紹介。

今年はレコード会社にだいぶプッシュされているようで、金のかかってそうなMVを何本も挙げている。

下に載せる「ヒメサマスピリッツ」は和装パルクールというめちゃくちゃかっこいい映像だったりする。

www.youtube.com

魔女に呪いをかけられてしまい日常生活で声の出せなくなってしまったVo火寺バジル(写真のバツマスクの子)が歌という魔法を使って呪いを解くべく冒険(ライブ)をしているという不思議設定も魅力的。

 

ベガスと比べるとテンポは落としめであるが、おそらくオートチューンを使っているであろうバジルのVoと、写真のきのこヘッドのgariさんのシャウトという構成ゆえ初見の方はベガスっぽいって結構思うみたい(僕も思った。)

 

美男美女が多いバンドでVo火寺バジルとGt明治(写真左端)はモデルとしても活躍してたりと、多方向で活躍しててなんかいい感じ。

 

アイドル界のなんちゃらラスベガス、PassCode

f:id:aoikebibouroku:20171026095026j:plain

 

楽曲はほぼラスベガス。でもそれをアイドルグループでやろうとしたプロデューサーの歌唱力。実現させている本人たちの歌唱力。ベガスではあり得ないダンス。完璧すぎるバックバンド。そしてアイドル文化おなじみのコールが、ピコリーモの新たな扉をこじ開けていると言ってもいいと思う。

コールも聞いて欲しいのでライブ映像でどうぞ

www.youtube.com

シャウトもメンバーがやってんのかよ、、、

ARCH ENEMYちゃうねんぞ、、、

 

というかこのクオリティの楽曲ならBABYMETALと同じノリで海外ウケもするのでは??

 

今年ベガス主催フェスのオープニングアクトを務めたことで邦ロックキッズにも存在がバレ始めた今年を期に、来年の夏フェス出演など増えるのでは?なんて予想してる。

 

 

なんちゃらなんちゃら書いてすいませんでした。

改めてベガス聞いたり、この記事書くきっかけになったPassCodeとの出会いだったりで衝撃受けまくりの最近。

ここ最近聞いてた音楽が、グッバイフジヤマ、ヘルシンキ、ドミコ、おいしくるメロンパンとポップポップしてたのでその分だけより衝撃的だったかも、

今日はそんな感じで終わりでーす。

 

 

今日の執筆のお供

 

【Amazon.co.jp限定】New Sunrise(オリジナルラバーバンド付き)

【Amazon.co.jp限定】New Sunrise(オリジナルラバーバンド付き)

 

 

魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~(初回生産限定盤)(DVD付)

魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

ZENITH(初回限定盤)(DVD付)

ZENITH(初回限定盤)(DVD付)

 

 

 

 

タトゥー問題、一歩歩み寄りませんか?

f:id:aoikebibouroku:20171019211403j:plain

 

2020年の東京オリンピック開催を目前として度々話題に上がるのが、訪日外国人に対してのタトゥーの問題である。

温泉、銭湯、プール、果ては旅館においても入場禁止となるケースもあるとのことだ。

僕に関してはタトゥーは全面的にウェルカムなのだが、否定派の意見ももちろん理解できているので、読んでくれた皆さんの立場がいずれにしろ相互的に歩み寄れる記事になればなと思う。

 

反対理由をまとめよう、まずはそこからだ

f:id:aoikebibouroku:20171019223304j:plain

まずはタトゥー反対派の意見をまとめたい。

よくあげられるのはタトゥーは怖いというイメージがあるということだ。

これに対しては根底としてタトゥー→刺青=ヤクザのイメージがあるからだろう。

公共施設での利用制限も暴対法の一環として行われている部分もあると考えられる。

また入れ墨はかつては犯罪者への見せしめ的な意味で用いられ入れられる場合もあった。

これまた入れ墨=犯罪者としてのイメージが文化的側面から根付いた要因でもある。

 

では現代でのタトゥー=バカっぽいというイメージはどうだろうか?

確かに簡単に消せないものをファッションとして、しかも社会的不利益になるのに入れるということは常軌を逸している。

あとはタトゥー=怖いのイメージ故、相手を威嚇するために入れている、またもしくはその意思がなくとも威嚇されていると感じるので、知能で勝負していない→バカという発想になるのだろうか。

一般的な社会人にタトゥーが許されておらず、ミュージシャンやアーティストなど比較的許されやすい職業の人々が悪目立ちしているのも理由の一つかもしれないね。

でも一つ言いたいのはこのタトゥー=バカっぽいという話は二次的に結び付けられたものだと僕は感じているということ。

テストで赤点とったら入れ墨とかならバカっぽいも納得なんだけどさ。

 

ワードの定義づけ:「日本でのタトゥー」「刺青」「入れ墨」

f:id:aoikebibouroku:20171019223653j:plain

海外で用いられるタトゥーというワードと日本人の用いるタトゥーというワード。

これをごったにすると自分の思う解決策を話せないのでまずはこの定義づけをしたい。

前項で意図的にワードを使い分けていたことには気づいてもらえただろうか?

 

日本で用いられる 「タトゥー」「刺青」「入れ墨」は英語にしてしまえば全てタトゥーで終わるだろう。

だが日本人の感覚としては前述したヤクザなどのイメージもあり、ある程度区別する必要があると考えた。

僕の中での定義はこうだ。

タトゥー:ワンポイントのものを指す。マークや文字、小さめのイラストなど

     (例:蝶々とか)

刺青:肌に被せるように模様を彩るもの、また一般的に想像されるヤクザの刺青。

   (この記事トップの画像、ヤクザの背中の観音様とか)

入れ墨:かつての日本において犯罪者としての見せしめとして入れられたもの

 

定義としては曖昧だし「おい!これタトゥーと刺青どっちだよ!!」なんて声もすぐ投げつけられそうだが、大体のイメージは伝わっただろうか?

 

 

"条件つき"でいいんで「タトゥー」だけOKにしてもらえませんか??

f:id:aoikebibouroku:20171019223553j:plain

問題点がわかり、定義づけが終わったところで、僕のプランを聞いてほしい。

 

まず現代の日本において「入れ墨」を入れている人間はいないとします。

次に「刺青」については完全にNG。反社会的組織を連想、及びその関係者の可能性が高いから。

最後に「タトゥー」。ここだけを条件つきでOKにしたい。

 

僕の考える条件はこうだ。(シチュエーションは温泉でも想像してください)

1、「タトゥー」は全て隠して入らなければならない。

2、隠すためにはその施設内で販売されているテーピングなどを利用しなければならない。

3、もちろん反社会的組織の関係者ではない。

 

この3点。

どうですか。危なくない人が隠して入る分にはいいと思うんですよね別に。

 

あと付随したビジネスとして、そのテーピングにロゴを入れてみたりするのどうでしょう。本来タトゥーが入ってる場所に「大江戸温泉物語」とか書いてあるようになるわけ。

草津とか地域全体で観光地として発展してるところでは、自治体で開発してもらってゆるキャラのイラストを使ってもらうとか。

「パパー、あの人足にくまモンのシール貼ってるー!」なんていうハートフルな光景が見られるかもしれない。

お土産としても人気になったりしてね。

 

 

最後に

f:id:aoikebibouroku:20171019223444j:plain

まず前項での「タトゥー条件付き入場案」

書いてから調べて見たら似たような取り組みはありました。

www.newsweekjapan.jpけれどやっぱり謎のテーピング一枚ルールがあったりと慎重な様子。

でも「一枚」という部分で先ほどの「タトゥー」と「刺青」の定義を(より厳しめのラインではあるが)確立させているのかもしれない。

 

このオリンピックというタイミングを逃せば、またこの議論については忘れ去られてしまうだろう。

風化させないためにもこのタイミングでしっかりと各施設では議論してほしいものである。

またその議論が日本でのタトゥーの地位向上と否定派賛成派の相互理解の一助になれば嬉しい限りだ。

 

 

あ、最後に言っとくと、僕はタトゥー入れてないし、入れる予定もありません!笑

ただ刺青も含め、タトゥーは美しくカッコよく感じます。(もちろんデザインによるよ)

なので地位向上してほしいなーっていうか、タトゥー入った女の子好きなのでもっと増えないかな!的な感じで書きました!

 

終わり!

 

 

今日の執筆のお供

 

MODERN TIMES

MODERN TIMES

 

 

 

青池は本が読めない。

 

ボツ記事を3個ほど書きました。

やっと更新します、青池です。

 

数ヶ月前読書嫌いを治すためにツイッターやFBでオススメの本を教えてくれ、という投稿をしました。

で、何冊かオススメされたものを読んでみたり、あとは図書館行って本借りたりしたんですけどやっぱり向いてないっぽい。

 

本ってやっぱり時間効率悪いんですよね。

ジャンルにもよりますが目次読んだらわかった気になれる本っていっぱいあるじゃないですか。

心理描写がおおすぎて本筋のストーリー見えなくなる小説とかエッセイとかあるじゃないですか。

 

なんかやっぱり本って向いてないなって。

 

 

それゆえに今までなんとなく読書家の人のこと尊敬してたんだけど

尊敬するのやめました!

前置きが長くなりました、ここから本題です。

 

本を読む=賢人 なの?

f:id:aoikebibouroku:20171017194701j:plain

 

よくある風刺画。

本を読んでないとハリボテの世界にだまされちゃうよ、みたいな

てかこの画像切り取られてる一部で、本当は右にさらに本を積み重ねた人がいて、雲突き抜けて晴れ渡る空みてる人がいるんだけど

 

本を読んでるやつって大抵の場合読んでないやつのこと下に見ませんか(偏見

本を読んでる皆さん、ちゃんと画像みたいに上に積み重ねれてる自信あります?

地面に散らかったりしてない?破れてビリビリとか、カバーが剥げてたりしてない??

てかそもそも上に積み重ねるって正しいのかな?だって必要になった時その本取りづらいよ?

 

何が言いたいかっていうと、本を読んでる人って本を読むことに重きを置きすぎているんじゃないかなって。

大事なのはそこに含まれている情報をどれだけ自分で得れたかなのに、本を読むという行動のみが論点にあげられる。

そして読む奴は読むという行動のみでマウントを取ってくる。

それっておかしくない?

 

 

次回、「オススメの本を教えて○れ!」

この時点で僕の中で読書家のスタートラインは

賢人から文字に目を通す人に成り下がったわけだ。

だがスタートラインが変わっただけで、ここから僕や本を読めない僕みたいな人は相手が賢人かどうかを見極める必要があるわけだ。

 

そこで思いついたのがこれ

「オススメの本を教えて売れ」である。

オススメの本を教えてくれを打ち間違えて今思いついたんだけどさ

 

その本を普段本を読まない僕に簡単に説明して僕の購買意欲を刺激してくれや、という話。

その本から得た内容を、本から培った構成力・語彙力・ストーリー性、すべて活かしていただいて僕にプレゼンしてもらう。

これでいこう。

最悪本読まなくてもその知識俺が得れるし、相手は知識ひけらかしてマウント取れるしでwinwinやん。

 

 

青池は何でマウントを取ろうか

ここまで読書家をなんとか文字いっぱい読める人まで引きずり下ろし、トントンの状態から、知識ひけらかすターンを相手に譲ってしまった青池。

知識ひけらかしターンがこちらに回ってきたのに返さない手はありません。

 

1つめに考えられるのはインタビュー記事で得た知識。

僕本が嫌いなだけで文字読むのはちゃんとできてる。(と思ってる)

インタビューの対象に偏りはあれど、まあまあ情報を得ようとはしているんじゃなかろうか

 

2つめは動画かな

本を読むことで記憶の追体験をできるという点についてはここで戦えるだろう。

想像力という点では劣るもののイメージの共有という点では勝るはずだ。

 

最後に3つ目、ブログというかアウトプットを少なからずしているという点にしておこう。

さっきの「オススメの本を教えて売れ」にも繋がるが、僕結構アウトプットすることが重要だなって思ってます。

読んだ気に、見た気に、学んだ気に、考えた気にならないためにもこう書くことは多分必要。

だから僕が映画見てくる!とかイベント見てくる!とかツイッターに書いたのに、ブログで更新ないときは、

あ、こいつ適当に見てきたな

と思ってください。

(まあこの前のアウトレイジの感想はディープすぎる話になったのでやめたんだけどね)

 

 

 

こんな感じで終わります。

結構会話のマウント取られたいタイプなので、自分のやってること思ってることを語りたい人引き摺り込みたい人なんかいたら一緒に飲みましょう。

 

かしこ

 

今更ながらのキングオブコント感想

 

今年もキングオブコントが無事開催されたということで感想をざっくばらんに

f:id:aoikebibouroku:20171005205456j:plain

 

わらふじなるお

サイコパスボケのネタ。にしては怖すぎるキャラにならず程よく面白かった。

でもやはり一組目ということもあり点数は伸びず。

特に松本人志は83点と低めの点数をつけており、印象に残るタイプのネタでなかったのが敗因か。

確かに全部見終えた後、つまらない印象はなかったけどなんのネタだっけってなっちゃったしね。

 

個人的な採点:88

 

ジャングルポケット

気づけば斎藤は大ブレイク。おたけもそのくずっぷりがじわじわときてるトリオ。

誰もが認める全国区の売れっ子芸人ではあるが、昨年のキングオブコントでライスに負け、2位だったことは記憶に薄い。

斎藤の演技力に頼り過ぎず、トリオを生かしたいいシチュエーション。

またエレベーターというセットの生かし方もめちゃくちゃ上手くて面白い。

オチもいいですね、48階のビルという設定が後々を想像してじわじわくる。

 

個人的な採点:95

 

かまいたち

結果を先に言ってしまえば今回のチャンプである。

昨年は淡々と「首が落ちる」マジックを披露するというネタが記憶に残っている。

一本目で特に面白く感じたのは後半の畳み掛け。

 

クラスのやばいやつ、が

告白される練習をしているというやばいやつで

さらに刺青入ってるやばいやつで

そいつにバレたらスタンガンでヤられる

 

というどんどんサイコパス度が上がってニヤニヤせざるを得なくなってくる。

わらふじなるおもこういう畳み掛けが欲しかったね。

 

個人的な採点:94

 

アンガールズ

もうでなくてええやろ!笑

十分すぎるテレビ出演とジャンガジャンガのイメージが強過ぎて、コントできるの??という印象。

ネタはといえば自身のキモカワキャラを生かした自虐感溢れる個性をわかったネタであったが、今更田中のキモさで笑わんなぁ、、、

見慣れてなかったらもっと面白かったかも

 

個人的な採点:84

 

パーパー

男女コンビ。

男は演技臭過ぎ、女は演技棒過ぎで見ていてしんどい。

ネタも陰キャの悲哀いじりみたいなネタでこうしてブログシコシコ書いてるような同族の僕には面白さがまるでわかりませんでしたね!!

 

個人的な採点:70

 

さらば青春の光

先に言っとくと僕はさらばのファンなのですが、ひいき目なしに見てもネタのチョイス良かったと思う。

キングオブコント準優勝かつファイナリスト4回の実力を持ちながら昨年屈辱の二回戦負けゆえの本気度が伝わってくる。

後半に畳み掛けてくるうまさはさらばのネタの中でもだいぶ良かったが、かまいたちには敵わなかった印象。

 

個人的な採点:92

 

にゃんこスター

異色なコンビだなーと紹介見ていて思ったが、ネタはもっとエグかった。

もう中みたいなやつ出てきたわと思ったけど、頭への残り方がそれを超えてきた。

別にネタのあり方としてはもちろんありだと思います。

前述したかまいたちの「首が落ちる」マジックのネタ、とかあとはロッチが優勝した時の「試着室」のネタもやってることは同じだと思うしね。

最後にコンビ名持ってくるのも結成5ヶ月だったら正しい攻め方だったんじゃないだろうか。

あのネタでオチ探すのも難しいしね。あとメイプルみたいにアイコンになるビジュアルでもないし。

 

CMとか期待しちゃうな。

宣伝商品投げ捨ててほしい。笑

 

個人的な採点:92

 

アキナ

個人的に嫌いなお笑い芸人。もちろんひいき目なしで見てたけど。

導入がよくわからなくてサイコパスボケなんだって気づくまでにちょっと時間かかった。動き的に小さくて暗転の理由がよくわかんなかったというか。

携帯のあたりからわかったけどわらふじなるおと比較して怖いタイプのサイコパスネタだったのが、キングオブコントという環境に合わなかったかなと。

 

個人的な採点:80

 

GAG少年楽団

華がなくネタもある程度読めちゃうというか、なんか全体的にしょっぱかったなぁ。

特に書くことないや。

 

個人的な採点:78

 

ゾフィー

ネタのコンセプトが不愉快

笑えない

 

個人的な採点:75

 

アンガールズ(2本目)

一本目と同じ感想で、自分たちの気持ち悪さゴリゴリのネタ。

なんか残念だなぁ。

一本目はズボンで乳首隠した時のスタイル面白かったからそのぶん2本目ちょい低め。

 

個人的な採点:82

 

ジャングルポケット(2本目)

2本目は斎藤の演技ゴリゴリ系だなぁと。

「やめろぉ〜」も面白かったけど全体的にワンパターンすぎて盛り上がりに欠けちゃったかな、、、

 

個人的な採点:88

 

さらば青春の光(2本目)

まさかの鉄板ネタ

がっくり

持ってくる理由はわかるほど面白いネタではあるが今更笑えない。

新作で勝負して欲しかった。

 

個人的な採点:80

 

かまいたち(2本目)

個人的には一本目の方が好きだったな。

「目処が立ってんねん!」は好きだったけど笑

あとは膝打ち付けるのもマジでいたそうな音してて、熱くなってんなぁといった感じ

 

個人的な採点:90

 

にゃんこスター(2本目)

縄跳びめちゃちゃうまかったから2本目も縄跳びかなーと思ったら、まさかのフラフープ。

が、構成は一緒。

が、あの動きを欲しがってる俺も居て、もはやコントじゃなくてショーを見てる気分。

なんか既視感あるなあと思ったらあらびき団の大道芸の実況のやつにスタイル似てるんだわ

でもまあ二本同じネタということで点は低くなるよね。

個人的にはネタ後に松本人志が頭抱えてるのまで含めてでクソ面白かった。

 

ビジュアルいいコンビだし、女の子の方早稲田卒ということでクイズ番組とかいけるんじゃないかな??

 

個人的な採点:86

 

まとめ

 

さらばとっとと優勝してくれや

 

終わり

 

 

今日の執筆のお供

 

Bangarang Ep

Bangarang Ep

 

 

 

困ったことになりました

 

ネタはあるんですけど書く気力が出ません。

 

ネタならほらこの前ツイッターでアンケート取ったやつとか

 

ヤバTの新曲とか

 

丸尾末広についても細かく調べて書いてみたいし

 

ios11についても書きたいね

 

でもなんかめっちゃ眠い

 

おやすみ

 

 

今日の執筆のお供

 

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]